フェアコミフェス?

新着情報

  • 出店店舗紹介⑨ オーガニック野菜なら、静岡ゆうきの会
    こんにちは、フェアトレードショップTeebomのイマイナホコです。今日ご紹介させていただくのは、有機栽培の野菜を栽培している静岡市内の農家さんたちが集う「静岡ゆうきの会」さんです。 フェアコミフェスには毎年参加をしてくだ […]
  • 今回のフェアコミ特別企画は!?!その1「フードドライブ」
    こんにちは、フェアコミフェス実行委員会のイマイナホコです。今日は、出店店舗紹介さんをお休みして、フェアコミフェスの特別企画をご案内します。フェアコミフェスでは、毎年独自の企画を行っていて、たとえば、ネパール地震が発生した […]
  • 出店店舗紹介⑧ 耕作放棄地でオリーブ栽培 天竜厚生会
    こんにちは、フェアコミフェス実行委員会のイマイナホコです。静岡県内で医療・福祉事業を展開している社会福祉法人の天竜厚生会さん、その中に「みのり」さんと言う就労継続支援B型の事業所があります。障がい者が自立した日常生活又は […]
  • 出店店舗紹介⑦ 小さいけど思いはいっぱい!zakka+fairtrade晴天
    こんにちは、フェアトレードショップTeebomのイマイナホコです。 第7回目の紹介は、浜松の晴天さん。晴天さんキャッチフレーズは、「浜松で一番小さなフェアトレードのお店」なんですが、店主の三室さんのフェアトレードに掛ける […]
  • 出店店舗紹介⑥ エコファーマーが作る絶品ジャム&マーマレード!
    こんにちは、フェアコミフェス実行委員会のイマイナホコです。 松永農園さんは、フェアコミフェスに1回から出店してくださっているなくてはならないお店です。清水区由比で自然農園の果樹園をご家族で経営しています。 絶品ジャムはフ […]

フェアコミフェスって?

フェアコミフェスは、『フェアトレード&コミュニティトレードフェスティバル』の略です。
静岡県内で、フェアトレード(*1)やコミュニティトレード(*2)の商品を製造・販売している小規模なお店や事業者が1年に1度、静岡市の街中で行うマルシェの名称です。

静岡市葵区の紺屋町にあるオグシ神社の境内をお借りして、1日だけのマルシェを開催しています。
当日は、鳥居に「フェアコミフェス」の大きなバナーをかけています。

フェアコミフェスに出店するお店や事業所は、貧困、ジェンダー、過疎、環境、福祉などの社会的課題を解決・改善がお店や事業の運営目的になっていることが共通点です。小規模なお店・事業所の中で、様々なアイデアを出し合い、みな目的を達成するために、日々頑張っている皆さんです。

フェアコミフェス実行委員会は、このイベントが小さなお店や事業所の皆さんと地元静岡の消費者との「出会いの場」となり、その活動内容や商品について知っていただく、購入していただくことを目的として運営しています。

フェアトレードとコミュニティトレード

*1フェアトレード:フェアコミフェスの「フェア」は、フェアトレードのことです。直訳すると『公正な貿易』開発途上国などの素材や生産物を適切な商品対価を支払い購入することで
途上国の生産者の社会的課題をいっしょに改善していこうという貿易の仕組みです。
詳しくは、フェアトレードジャパンのホームページをご覧ください。下記のロゴをクリックしていただきますと、HPにジャンプします。

フェアトレード認証マーク

*2コミュニティトレード:フェアコミフェスの「コミ」は、コミュニティトレードのことです。フェアトレードは海外(開発途上国)の商品を取り扱っていますが、コミュニティトレードは、国内(県内)で中山間地域の過疎、環境問題や伝統工芸の継承などの課題に取り組んでいる事象者やその商品のことを差しています。また、その中でも福祉については「ウェルフェアトレード」とも呼んでいます。聞きなれない言葉ですが、フェアトレードの国内版のような位置づけです。

フェアトレードとSDGsの関連性

最近よく耳にする”SDGs”は、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標で、2015年9月の国連サミットで採択されました。SDGsは、下記に示す17のゴールと169のターゲットから構成されていますが、フェアトレードの取組みは、まさにこのSDGsが掲げる17の目標のほぼすべてに関係しています。

2016年3月、Fairtrade International(国際フェアトレードラベル機構)は、欧州各国におけるSDGs達成に向けて、European Commission(欧州委員会)の戦略的パートナーに選出されています。

タイトルとURLをコピーしました